10年目、男性、病院薬剤師 年末までの目標

<strong><span class="has-inline-color has-indigo-color">おすぎ</span></strong>
おすぎ

ピーコが年末までの目標を公開したら、「おすぎも書いてよね!」と言ってきました。
ピーコは5つも目標を掲げていますが、あと1か月で全て達成できるのでしょうか?
私は実現可能そうな3つの目標を立てましたので、ピーコに倣ってちょこっと公表します。

残業時間を削減する

<strong><span class="has-inline-color has-indigo-color">おすぎ</span></strong>
おすぎ

私の退勤時刻は終電ギリギリになることが多いので、せめて20時までには退勤したいと思っています。
新型コロナウイルス感染症の影響ではなく、その流行以前から、通常業務で長時間勤務が常態化していました。
“薬剤師なんて薬を袋に詰めているだけなのに、どうして毎日終電になるの?”
医療従事者ではない親兄弟や友人からは、このように怪訝そうに質問されます。
しかし、私を含めて現代の病院薬剤師は、調剤業務(薬を袋に詰める仕事)にあまり関与していません。
私たちの勤務時間の大部分は病棟業務にかかっており、その他諸々の分担業務をかけ持ちしています。
“薬剤師が病棟で何をしているの?”
やはり医療従事者ではない方々には、病院薬剤師の業務内容が周知されておらず、このように質問されます。
📝『アンサングシンデレラ』コミックテレビドラマに触れて、病院薬剤師に興味を持った学生さんもいるかもしれません。
今後このブログでは、病院薬剤師の業務内容を紹介していきたいと思っています。
話題がズレてしまいましたが、長時間勤務となっている私の働き方を見直して、20時までには退勤できるよう頑張ります。

📝アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり

荒井ママレのコミックで、『月刊コミックゼノン』2018年7月号より連載中。直情径行な2年目の病院薬剤師が、医師・薬局薬剤師・患者らとの軋轢を乗り越えながら成長していくストーリー。現役の病院薬剤師(富野浩充)が原案を担当しており、病院薬剤師を取り巻く現実と理想が活き活きと描かれている。『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』はコミックを原作とする連続テレビドラマで、フジテレビ系で2020年7月から9月まで放送された。

腎臓病教室の講義スライドを作成する

<strong><span class="has-inline-color has-indigo-color">おすぎ</span></strong>
おすぎ

今年4月の診療報酬改定で「腎代替療法指導管理料」が新設されました。
その内容は、厚生労働省によって以下のように定められています。

腎代替療法指導管理料

(1) 腎代替療法指導管理料は、腎臓内科の経験を有する常勤医師及び腎臓病患者の看護に従事した経験を有する専任の看護師が、当該患者への腎代替療法の情報提供が必要と判断した場合に、腎代替療法について指導を行い、当該患者が十分に理解し、納得した上で治療方針を選択できるように説明及び相談を行った場合に、患者1人につき2回に限り算定する。なお、2回目の当該管理料の算定に当たっては、その医療上の必要性について診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

(2) 当該管理料の対象となる患者は、次のいずれかの要件を満たすものとする。
ア 慢性腎臓病の患者であって、3月前までの直近2回のeGFR(mL/分/1.73m2)がいずれも30未満の場合
イ 急速進行性糸球体腎炎等による腎障害により、急速な腎機能低下を呈し、不可逆的に慢性腎臓病に至ると判断される場合

(3) 当該管理料を算定すべき指導の実施に当たっては、(2)の要件を満たす慢性腎臓病患者の腎代替療法選択にとって、適切と判断される時期に行うこととし、血液透析、腹膜透析、腎移植等の腎代替療法のうち、いずれについても情報提供すること。なお、当該情報提供は、腎臓病教室とは別に行うこと。

(4) 指導内容等の要点を診療録に記載する。なお、説明に用いた文書の写しの診療録への添付により診療録への記載に代えることができる。

(5) 説明に当たっては、関連学会の作成した腎代替療法選択に係る資料又はそれらを参考に作成した資料に基づき説明を行うこと。

(6) 当該管理料を算定する場合にあっては、(2)のア又はイのうち該当するものに応じて、以下の事項を診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。
ア (2)のアに該当する場合は、直近の血液検査におけるeGFRの検査値について、以下の(イ)から(ハ)までのうちいずれかに該当するもの。
(イ) 25ml/min/1.73m2以上30ml/min/1.73m2未満
(ロ) 15ml/min/1.73m2以上25ml/min/1.73m2未満
(ハ) 15ml/min/1.73m2未満
イ (2)のイに該当する場合は、当該指導管理の実施について適切な時期と判断とした理由。

<strong><span class="has-inline-color has-indigo-color">おすぎ</span></strong>
おすぎ

ムムッ……さすがお役所仕事、わかりにくいぜ!
要するに、📝慢性腎臓病の患者さんが一定の腎機能を下回ったとき、腎臓内科の常勤医師・専任看護師が腎代替療法(血液透析・腹膜透析・腎移植)の選択に関する意思決定支援を行う、という内容です。
腎代替療法指導管理料を算定するためには、“腎臓病について患者及びその家族等に対する説明を目的とした腎臓病教室を定期的に実施すること”という要件も課されています。
私は腎臓病療養指導士を持っているので、腎臓内科の科長医師から、薬剤師も腎臓病教室で講義するよう依頼を受けました。
新型コロナウイルス感染症の影響で、患者さんを一堂に集めた腎臓病教室が開催できない状況ですが、いつでもできるように、年内には講義スライドを準備しておきたいと思っています。

📝慢性腎臓病(CKD)

慢性腎臓病(CKD)とは、糸球体濾過量の低下または尿蛋白の異常が3か月以上持続する状態。将来的な血液透析の導入だけでなく、心筋梗塞など心血管病のリスク因子となりうる。主な原因疾患は糖尿病と高血圧。基本的に回復しないため、原因疾患に対する早期介入によって重症化を予防する。推計患者数は、成人人口の約13%にあたる1330万人(2011年)で増加傾向。厚生労働省が「腎疾患対策」の政策に取り組んでいるが、市民への疾患啓発があまり進んでいない。

Google AdSenseに合格する

<strong><span class="has-inline-color has-indigo-color">おすぎ</span></strong>
おすぎ

自己紹介の記事で宣言したとおり、このブログは収益化を目指しています。
ブログの収益化にはいくつかの手段が知られていますが、その代表が「アフィリエイト」と「アドネットワーク」による広告収入です。
いずれのサービスも、サイトオーナーがサイト内に広告リンクを貼ることで、広告プロバイダーから報酬を受け取れる点は共通です。
アフィリエイトは、サイトオーナーが任意の商品の広告リンクを貼り、広告リンクを通じて購入された場合に、広告プロバイダーから報酬を支払われます。
一方アドネットワークは、サイトオーナーが広告リンクを貼ると自動的に商品が選択され、広告リンクが表示またはクリックされた場合に、広告プロバイダーから報酬を支払われます。
単価はアフィリエイトのほうが高額ですが、アドネットワークでは商品が購入されなくても報酬が発生するため、継続的な収益を確保できると言われています。
アドネットワークの大手は「Google AdSense」で、サイト内に広告リンクを貼るためには、Googleによるサイト審査に通らなければいけません。
私たちのブログは、まず年内にGoogleアドセンスに合格することを目指しています。

まとめ

<strong><span class="has-inline-color has-indigo-color">おすぎ</span></strong>
おすぎ

とりあえず3つの目標を立ててみました。
いずれも達成するためには工夫と努力が必要ですが、残り1か月間でできないことはないでしょう。
ピーコと違って面白味がない堅実な目標ですが、私の性格を表しています。
年明けにはどこまで実現しているか反省し、来年の目標に反映していきます。
がんばるぞー!(小声)

コメント

タイトルとURLをコピーしました