腎臓病療養指導士を病院薬剤師6年目で取ってみた感想

スポンサーリンク
<strong><span class="has-inline-color has-pink-color">ピーコ</span></strong>
ピーコ

突然ですが、ピーコも腎臓病療養指導士を取得しました☆彡
さくっと感想を述べますね。
まあ、勉強すれば誰でも取れます。

他職種の指導見学は楽しい

<strong><span class="has-inline-color has-pink-color">ピーコ</span></strong>
ピーコ

もともとCKDに興味がある人ならば、腎臓内科医の外来診察、栄養士の栄養指導、医師・看護師による療法選択の指導を見学するのは、普通に楽しいです。

書類作成に苦戦

<strong><span class="has-inline-color has-pink-color">ピーコ</span></strong>
ピーコ

ピーコは社会不適合者なので、書類作成にかなり戸惑いました(おすぎにかなり頼りまくった)
でも、世の中で普通に仕事してる人ならば、事務的な手続きも難なくこなせるんじゃないですかね?(知らないけど)

試験勉強は短期詰め込み

<strong><span class="has-inline-color has-pink-color">ピーコ</span></strong>
ピーコ

ピーコの場合、試験勉強には休みの日を数日使いました(3~5日くらいかなぁ?)
ひたすらノートに書きまくって覚えました(書かないと頭に入らないタイプ)
そんなに“勉強してる”って感じじゃなく取り組めました。
試験はテキストから万遍なく出題されるので、勉強しやすかったです。
講習会テキストとは別に『医師・コメディカルのための慢性腎臓病生活・食事指導マニュアル』を買いました。
テキストを中心に勉強して、わからないところを『マニュアル』で補足しました。

<strong><span class="has-inline-color has-pink-color">ピーコ</span></strong>
ピーコ

勉強中にテキストと『マニュアル』の相違点を発見しました。
ちなみに、私が気付いた点は、腎性貧血の管理目標値10~12g/dL(マニュアル)→11~13g/dL(テキスト)ってところです。
おすぎに質問したら、“『マニュアル』は『エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013』に準拠した参考書だから、『エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018』の改訂事項は反映されてない“と教えてもらいました(いやー、おすぎさまさまですね)
というわけで、相違点があったらテキストの方が最新なので、テキストを信じましょう☆彡

試験会場で時間を潰す

<strong><span class="has-inline-color has-pink-color">ピーコ</span></strong>
ピーコ

試験会場のTOC五反田メッセまでは、迷ってもいいように早めに出たので、時間を潰すところに困りました。
近くにスタバとかないし、コロナ渦だから?結構ギリギリまで会場入りできなかったので。
ピーコは、会場裏にある品川区立五反田文化センター内の図書館で時間を潰しました(ちょうど勉強もできますしね)
試験本番は、おすぎから“試験が始まったら、とりあえず「CKDステージのヒートマップ」と「ステージ別の食事療法基準」を余白に書きなぐっとけ“とアドバイスをもらっていたので、その通りにしました。

資格は勉強のきっかけ

<strong><span class="has-inline-color has-pink-color">ピーコ</span></strong>
ピーコ

感染とかケモとか専任の業務を与えられない限り、一貫して勉強する機会ってなかなかないと思うんです(ずっと病棟が変わらない職場であれば、そんなことはないのかもしれませんが)
日々の病棟業務の忙しさや、その時いる患者さんの問題などで、サーっと時間が過ぎていってしまいますよね。
資格を取得しておけば、更新の度にまた勉強する機会を得られる!っとピーコは思ってます。

退院後を見据える

富士屋カツヒト・川下剛史『19番目のカルテ 徳重晃の問診』「第2話 本当に必要な治療」より
https://comic-zenon.com/episode/10834108156728076074
<span class="has-inline-color has-pink-color">ピーコ</span>
ピーコ

『19番目のカルテ』という漫画に、“治療をしても、戻った先が以前と同じ環境だったら、病気が治らない場合もありますから”ってセリフが出てきます。
CKDの病棟で働いてると、そういう場面に会うことが結構多いです。
退院後の環境や療養生活を改善しないと、本当の意味では病気は治らないんですよねー(病院薬剤師ってハブられてるので、退院時の服薬指導くらいしか関与してませんが)

<strong><span class="has-inline-color has-pink-color">ピーコ</span></strong>
ピーコ

以上、腎臓病療養指導士を取得した感想でした☆彡
心不全療養指導士も気になる……療養指導士系が好きですね、何でだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました